日本神経心理学会

学会誌

投稿規定

投稿規定(2020年1月1日改訂)

  1. 投稿者は会員に限る.もし会員でない時は,すみやかにその手続きをとること.
  2. オリジナルな研究を主とし,他誌に掲載されてないものとする.
  3. 受理・掲載された論文の複写,Figure/Tableの引用および転載等の2次的使用に関する許可の権限は日本神経心理学会に属する.これによる使用料も日本神経心理学会に属するものとする.
  4. 文部科学省及び厚生労働省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」により,該当する審査委員会の承認が必要とされる研究については,当該施設の審査委員会で承認済みであることを論文(方法)に記載する.自施設内に審査委員会が設置されていない場合は,設置されている他施設に審査を依頼し,承認を得ること.
    参照:厚生労働科学研究に関する指針(人を対象とする医学系研究に関する倫理指針)
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/i-kenkyu/index.html
  5. 個人情報について,学会の定める「論文・学会発表における個人情報保護に関する指針」を遵守していること.論文およびSupplementary materialに「論文・学会発表における個人情報保護に関する指針」で定められた個人情報が含まれる場合は,患者に説明の上,別紙の同意書を得ていること.ただし,同一内容を含んでいれば,他の形式の同意書も可.取得した同意書は筆頭著者が責任をもって保管すること.
  6. 英文の原稿は原則として受付けないが,必要に応じ,一定の要件を満たせば,編集委員会で認可されることがある.
  7. 他著作物からの図・表の転載については,著作権保護のため,原出版社および原著者の許諾が必要である.あらかじめ許諾を得ていること.(転載書類は学会HPよりダウンロードが可能)
  8. 論文の採否は,編集委員会の審査のうえ決定する.
  9. 著者には別刷30部を贈呈する.贈呈分以上の別刷が入用の場合には,50部単位で実費作成する.
  10. 電子投稿システムによる投稿とする.投稿システムは日本神経心理学会サイトにおかれる(http://www.neuropsychology.gr.jp
  11. 投稿の形式は,原著,総説,編集者への手紙とする.
  12. 原稿の構成は表紙/和文要旨/英文抄録/本文/引用文献/表/図/図説明からなる.原稿は下記の表に示す制限と(13)~(24)を遵守して作成し,誓約書,連絡票と共に投稿する.
    ※所定の数を超過した論文は原則として採用しない.ただし,編集委員会で超過を認めた場合に限り,超える部分の印刷実費を著者が負担のうえ,掲載を許可することがある.カラー印刷の実費は著者が負担する.ただし,編集委員会で必要性を認められた場合は,学会がカラー印刷費を負担する.
      原著 総説 編集者への手紙・返答
    著者数 5名以内 5名以内 5名以内
    和文要旨 300字以内 300字以内
    英文抄録 300単語以内 300単語以内
    キーワード (和・英) 5個以内 5個以内
    本文(文献は除く) 10,000字以内 15,000字以内 3,000字以内
    文献 30以内 制限なし 5以内(対象となる掲載論文を含む)
    写真・図・表 8個以内 8個以内 なし
  13. 図表に収まらない分量の多いデータ,動画,音声で,論文の理解に必要なものはsupplementary materialとして電子版のみに付けることができる.内容は本文と同様に査読の対象となる.添付可能なファイル形式は表に示すとおりである.supplementary materialは校正対象とならないため,著者の責任において誤りがないこと,個人情報が含まれないことを確認すること.
    論文同様にsupplementary materialについても,引用および転載等の2次的使用に関する許可の権限は日本神経心理学会に帰属する.これによる使用料も日本神経心理学会に帰属するものとする.
    文章 html(htm),pdf,txt,doc(x)
    画像 bmp,jpeg(jpg),tiff(tif)
    音声 aif,mp3,wav
    動画 avi,mov,mp4,mpeg(mpg),wmv
    ※タイトル(必須)と説明文(任意)が掲載できる(合計2,000字以内).
    ※Supplementary materialは,容量の都合上本文投稿用の電子投稿サービスでの投稿は不可.投稿受付は編集室で提供するファイルストレージを通して行うので,投稿希望者は,必ず事前にメールにて編集室に連絡すること.
    ※サイズ上限は1ファイル50MBとする.
  14. 著者の数は原則5名以内とし,それ以上にわたる場合には,投稿時にそれぞれの役割を記載した文書を添付すること.
  15. 投稿論文が共著である場合には,その論文についての責任著者を特定し,「連絡先」(論文に関する問い合わせ先,受理論文の校正先,別刷請求先などを含む一切の連絡先)として明記すること.
  16. 外国語名(人名など)は原語のまま用い,日本語化しているものは,カタカナとする.
  17. 英文抄録は和文要旨と内容が一致するよう300単語以内で記載すること.また,表題,著者名,所属の英訳をつけること.
  18. 英文タイトル,英文所属は脚注と英文抄録に使用するため,相違がないように注意すること.
  19. 日本語及びそれに対応する外国語のKey wordをそれぞれ5個以内つけること.
  20. 数字は算用数字を用い,度量衡単位はCGS単位でm,cm,mm,cm2,ml,dl,l,kg,g,mgなどとする.
  21. 図版(写真版)データは,雑誌掲載時サイズにしたときに,モノクロ画像は300dpi,カラー画像の場合は350dpiとなるデータを推奨する.
  22. 図版(折れ線グラフなどの線画)データは,雑誌掲載時サイズにしたときに,600dpi以上となるデータを推奨する.
  23. 文献の記載順序は引用順とし,同一著者の場合は発表順とする.文献の著者名が4名以上の場合は最初の3名を,で区切り,編者名が3名以上の場合は最初の2名を,で区切り他は和文誌の場合はら,欧文誌の場合はet alとする.
    文献記載例:
    雑誌掲載論文
    1)(和文文献)著者名1,著者名2,著者名3ら.論文名.雑誌名 年(西暦);巻:頁始-頁終.
    2)(欧文文献)著者名1, 著者名2, 著者名3, et al. 論文名.雑誌名 年(西暦);巻:頁始-頁終.
    単行本からの引用
    1)(和文著書)著者名1,著者名2,著者名3ら.論文名.編集者名,訳者名,監修者名.書籍名.発行地:出版社名;出版年.掲載頁.
    2)(欧文著書)著者名1, 著者名2, 著者名3, et al. 論文名.編集者名,訳者名,監修者名.書籍名.発行地:出版社名;出版年.掲載頁.
    (例)
    1)井村恒郎.知覚抗争の現象について―両側頭頂脳損傷の場合―.精神経誌 1958;60:1239-1247.
    2)大橋博司.臨床脳病理学.東京:医学書院;1965.
    3)秋元波留夫.失行研究とHugo Liepmann. 神経心理 1985;1:4-14.
    4)岩田 誠.脳にとって芸術とは何か.脳とアート―感覚と表現の脳科学.岩田 誠,河村 満(編).東京:医学書院;2012. p.3-16.
    5)Cermak LS, Talbot N, Chandler K, et al. The perceptual priming phenomenon in amnesia. Neuropsychologia 1985; 23: 615-622.
    6)Basso A, Capitani E, Laiacona M. Progressive language impairment without dementia: A case with isolated category semantic defect. J Neurol Neurosurg Psychiatry 1988; 51: 1201-1207.
    7)Russell EW, Neuringer C, Goldstein G. Assessment of Brain Damage: A Neuropsychological Approach. New York: Wiley-Interscience; 1970.
    8)Joynt RJ, Honch GW, Rubin AJ, et al. Occipital lobe syndromes. In Handbook of Clinical Neurology, ed by Vinken PJ, Bruyn GW, et al. Clinical Neuropsychology. Amsterdam: Elsevier; 1985. vol 45 p.49-62.
  24. 文献を引用する場合は,本文の引用箇所に文献番号を示すこと.
    例:・Geschwind1)によると……
    ・……という説もある1).
  25. 郵便,電子メールでの問い合わせ先
    〒114-0024 東京都北区西ケ原3-46-10
    (株)杏林舍内『神経心理学』編集室
    neuropsy@kyorin.co.jp

大学リポジトリ(機関リポジトリ)への対応について
神経心理学は受理された論文に限り,大学リポジトリ(機関リポジトリ)への登録をみとめます.申請は筆頭者または論文責任者(別刷り請求先)のみとなります.
申請時は
タイトル,執筆者名,登録する機関名,掲載巻・号・頁(決定している場合)を編集室宛(E-mail:neuropsy@kyorin.co.jp)にメールにて申請してください.

このページの先頭へ