日本神経心理学会

学術集会

開催案内

第46回日本神経心理学会学術集会のご案内(第3報)

第46回日本神経心理学会学術集会を下記のとおり開催いたします.多数の方のご参加をお待ちしております.

開催概要

会期:2022年9月8日(木曜日),9日(金曜日)
会場:札幌市教育文化会館 〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
会長:中川賀嗣(北海道医療大学 リハビリテーション科学部)
事務局長:大槻美佳(北海道大学大学院保健科学研究院)
テーマ:言語・認知・行為のアルゴリズム
事前参加登録期間:令和4年4月8日(金)~7月15日正午まで
(集会当日,現地登録も可能ですが,事前登録にご協力いただけますと幸いです)
学術集会ホームページhttp://naj46.umin.jp

企画プログラム(予定)

教育講演1「等価電流双極子推定法を用いた脳波の時空間的解析とその応用
―視覚提示刺激の脳内処理アルゴリズム―」

山ノ井髙洋先生(北海道大学)

教育講演2「中枢神経の障害にともなう皮質脊髄路の再編」

上野将紀先生(新潟大学脳研究所)

シンポジウム1「言語・認知・行為のアルゴリズム」

  1. 「言語のアルゴリズム」
    大槻美佳先生(北海道大学)
  2. 「(対象・空間)認知のアルゴリズム」
    平山和美先生(山形県立保健医療大学)
  3. 「行為・動作のアルゴリズム」
    福井俊哉先生(かわさき記念病院)

シンポジウム2「行為・動作機構の新たな視点」

  1. 「道具使用,パントマイムの機構と,生活動作におけるその意義」
    近藤正樹先生(京都府立医科大学/京都リハビリテーション支援センター)
  2. 「到達動作・把持動作の機構と,生活動作におけるその意義」
    花田恵介先生(阪和記念病院/大阪府立大学)
  3. 「前頭葉内側面かつまたは脳梁の行為・動作機構と生活動作におけるその意義」
    早川裕子先生(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター)
  4. 「行為・動作機構,空間認知機構からみた着衣障害」
    山本潤先生(国際医療福祉大学)

臨床・発表に役立つ初歩講座1

  1. 「ことばの障害のみかた」
    高倉祐樹先生(北海道大学)
  2. 「行為・動作の障害のみかた」
    原麻理子先生(国際医療福祉大学)
  3. 「(対象と空間)視覚認知の障害のみかた」
    太田久晶先生(札幌医科大学)

臨床・発表に役立つ初歩講座2

  1. 「症例報告の組み立て方」
    今村徹先生(新潟医療福祉大学)
  2. 「神経所見の取り方」
    永井知代子先生(帝京平成大学)
  3. 「認知症評価法」
    長濱康弘先生(かわさき記念病院)
  4. 「神経心理学的症状を数量化するとは?」
    橋本竜作先生(北海道医療大学)

臨床・発表に役立つ初歩講座3

  1. 「前頭葉症状のみかた」
    船山道隆先生(足利赤十字病院)
  2. 「記憶障害のみかた」
    數井裕光先生(高知大学)
  3. 「画像のみかたと活用法」
    石原健司先生(旭神経内科リハビリテーション病院)

いまさら聞けない初歩知識

大沢愛子先生(国立長寿医療研究センター)
佐藤厚先生(五泉中央病院)

会長講演「失行症候との出会い」

中川賀嗣(北海道医療大学)

※講演タイトルは全て仮題です(変更されることがあります)

そのほかにランチョンセミナー等を予定しています.

大会事務局

第46回日本神経心理学会学術集会 大会事務局
北海道大学大学院保健科学研究院 高次脳機能創発分野(担当:大槻)
〒060-0812 札幌市北区北12条西7丁目
北海道大学中央キャンパス総合研究棟2号館03-103
TEL:011-706-3719
E-mail:hokudai@emergent-neurocog-hokudai.jp

運営事務局

株式会社チャンネル・ツーAIDカンパニー
〒063-0829 札幌市西区発寒9条10丁目1-8
TEL:011-688-6470 FAX:011-671-2470
E-mail:naj46@ch2.co.jp

このページの先頭へ